施設訪問

けいはんな学研都市には総数130を超える研究施設、教育機関、交流施設があります。近隣の中学校、高等学校の生徒が班に分かれて近隣施設を訪問し、訪問先の施設の概要を学び、最先端の技術に触れることにより学研都市ならではの地域の素晴らしさを理解し、文化・研究・産業等への関心を一層深めています。また後日には、訪問先の施設の方や生徒の保護者を招き、PCによるスライドや壁新聞による発表会を行っています。

訪問実績

「科学のまちの子どもたち」プロジェクト
※(公財) 関西文化学術研究都市推進機構のウェブサイトのPDFファイルが開きます。

主な訪問先(順不同・敬称略)

国立国会図書館関西館、国際高等研究所、国際電気通信基礎技術研究所[ATR]、情報通信研究機構[NICT]、地球環境産業技術研究機構[RITE]、島津製作所、NTTコミュニケーション科学基礎研究所、パナソニック、京セラ、けいはんな記念公園、オムロン、積水ハウス、井上製作所、加地、KEC関西電子工業振興センター、同志社学研都市キャンパス、東英産業、日本ニューロン、環境衛生薬品、加地、明和ゴム工業、京都栄養化学、積水ハウス、あわさい、福寿園、きんでん、あわさい、高山サイエンスプラザ、奈良先端科学技術大学院大学、構造機能科学研究所、文化財復元センター、タイムドメイン、H&C技術研究所、TF技研、トリビオックスラボラトリーズ、e2未来スクエア、大幸薬品

受け入れにご協力いただける研究所・企業様が
ありましたら是非ご連絡をお願いいたします。